« 2008年10月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

雑学6・・・なぜ「祝い箸」は両端が細いの?

Dsc05310 先日、父の米寿のお祝いに「祝い箸」を使った。今思い出せば毎年、お正月にも使っていた。今まで気にもせず使ってましたが、ふと気になり調べてみました。

「祝い箸」は神様をお迎えする「ハレの日」に使うそうで、いっぽうの端は「人間」が使い、もういっぽうは「神様」が使うという意味で両端が細いそうです。中央が太いのも「太箸(たいばし)」・「俵箸」などといって「子孫繁栄」・「五穀豊穣」の願いが込められてるそうです。この箸は「柳箸」とも言われ材料に「神が宿る霊木」とさせてきた柳が使われるそうです。お祝いの席で箸が折れることを忌み嫌う風習もあって、丈夫で折れにくいことも好まれたそうですsmile

う~~ん、そうだったのかhappy01私は片方の細い方は、「つま楊枝」代わりかと思ってましたbearingbomb

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雑学5・・・除夜の鐘(なぜ108回?)

今年ももうわずかですねrun皆さんは大晦日に初詣の予定してらっしゃるんでしょうねsmile私も若かりし頃gawk出かけていましたが、ここうん十年は、NHKの「ゆく年、くる年」で新年を迎えてますhappy01

今日は御存知の方も大勢いると思いますが、あえて暮れにちなんで「なぜ除夜の鐘は12月31日深夜0時をはさんで108回撞かれるのか?」を御紹介いたしますhappy01

由来には諸説もありますが有名なのは、人間の煩悩の数が108で、それを祓うためです。人間の感覚をつかさどる「眼(げん)」・「耳(に)」・「鼻(び)」・「舌(ぜ)」・「身(しん)」・「意(い)」の六根にそれぞれ「好(気持がよい)」・「悪(気持が悪い)」・「平(何も感じない)」があって6X3=18の煩悩でこの18種類に「浄」・「染(不浄)」の2種類で計36。またこの36種類に「前世」・「今世」・「来世」の時間軸がかかわって「108」になるそうです。

鐘を撞く前に、鐘に向かって合掌し、107回は旧年中に撞き、最後の1回は新年に撞くのが本来のやり方だそうですpaper

う~んbearing難しい~~でも何となく分かる気がしましたscissorsよしsign01今年は教養のあるところを見せつけよ~~shine

・・・・・「私知ってるよ」「SEASONさん知らなかったの・・・」bearingpunchdown

| | コメント (3) | トラックバック (0)

雑学4・・・門松・注連(しめ)飾り

Kadomatsu クリスマスも終わって、次のお正月の準備ですね。皆さんのお家でも、お飾りしますか?でも注意してくださいね29日・31日に飾らないようにねthink

飾り付けは年末まで、具体的には13日から28日迄だそうですdashでは29日・31日は何故いけないのでしょうか。29日は「二重苦」と重なり不吉とされ、31日の大晦日は、せっかくの正月飾りが、葬儀前夜を連想させる「一夜飾り」になってしまうからだそうですbearing

年末まで「師も走る」runと言われるぐらい、何かと忙しいですが年末までにお飾をすませて「お正月」を迎えましょうscissors

| | コメント (4) | トラックバック (0)

忘れかけた7回忌・・・

Dsc05269 今日、母の7回忌だった。平成15年1月の初めに母が亡くなり、来年と思っていたが、亡くなった年から数えるのを恥ずかしいことに誰も知らなかったsad12月19日に父が突然今年じゃないかって・・・確認したところ今年だった。年の瀬も詰まってもう間に合わない、どうしよう、どうしようって前に進まずパニック状態impacthappy02父は先日米寿のお祝いをして、今年中に7回忌をしなければ「死んでも死にきれない」と言い出すしまつcoldsweats02・・・

そこで互助会の「くらしの友」さんに、無理を承知で20日の朝にお願いしました。なんとその日の夕方には25日ならと連絡をいだだきました。その日のうちに打ち合わせをさせて頂き本日25日に無事、7回忌を執り行うことができました。

すばやい「対応」と、「親切」・「丁寧」でしかも痒いところまで手が届く「真心」こもった応対に感激いたしましたcrying

「スタッフ」の皆様、家族一同お礼申しあげます。有難うございましたclub

| | コメント (2) | トラックバック (0)

私の好きな街

Dsc04707_2 20代の頃から好きな街で、もう30年もたってしまったrundash駅のホームは昔とあまり変わらないが、さすがにバックの高層ビルはなかった。今でも月に1~2回この街をブラブラしているdenimnoodleサラリーマンの街で銀座にも近く、何か心の落ち着く、大人の雰囲気の街です。さあ~今度は何時行こうかな・・・

今日は「雑学」はお休みしました・・・thinksleepy

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雑学3・・・なぜサンタさんは赤い服。

Dsc01571 Santaもうすぐクリスマスですね。皆さんは色々楽しいイベントが入っているのでしょうねscissors

私みたいに仕事の方もいますかねcoldsweats01この写真は、実は悲しいことに昨年、「恵比寿ガーデンプレイス」に行ったときのですcrying雑談になりました。

今日の雑学は、クリスマスにちなんで何故サンタさんは赤い服をきているのでしょうか?

赤い服は伝説や民話と私は思っていましたが、そうではなく実はコカ・コーラ社の創案で、1931年にクリスマス用広告にサンタクロースさんを起用し、デザイン担当者が赤を使った「服」を着せたことによって、サンタクロースさんは「赤い服を着た、元気で太ったおじさん」というイメージが、決定づけられて、あっという間に「世界」に広まっていったそうですxmas

う~~ん、そうなんだhappy01また一つ賢くなったようです。

ランジェリーショップSEASONからのお知らせです。モデルサイズ(Lサイズ)Tバックショーツ・フルバックショーツ入荷しました。お時間がございましたら、覗いてみて下さい。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

雑学2・・・「海老」と「蝦」の違いは

前回は「牡蠣」で、やはり食べのもで今回は「エビ」です。

小さな「桜えび」から「伊勢えび」のような大きなものまで食用だけでも180種類ほどいます。漢字で書くと「海老」と「蝦」の2種類が目にとまります。食用が「海老」でその他のエビが「蝦」と私は思っていました。皆さんはどうですかね?

ところが大きな間違いで、海の中を歩いて移動するエビが「海老」で泳いで移動するエビが「蝦」と書くそうです。・・・えっ!そうなんだ、知らなかったcoldsweats01

ちなみに見た目では甲羅が厚い「伊勢エビ」・「ロブスター」が「海老」のグループで「桜エビ」・「芝エビ」・「車エビ」が「蝦」のグループですgood

また一つ、僕は「お利口」になりましたhappy01scissors

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雑学1・・・冬の定番料理「牡蠣鍋」

冬の食卓に「鍋」をする方も多いと思います。かずある中で我が家で一番多いのが「牡蠣鍋」です。その「牡蠣」についての雑学を紹介します。

スーパーなどでパックに「生食用」と「加熱用」が目に付き「生食=新鮮」・「加熱用=鮮度が落ちた物」と、私は今まで思っていましたが、鮮度とはまったく関係のないようです。

「生食用」の規格があって「1gに細菌50000個以下」が基本で、この基準をクリアしないものが「加熱用」だそうです。細菌を減らすには、ひたすら洗浄する回数を増やすそうです。「生食用かき」は念入りに洗った「牡蠣」のことです。

「生」で食べるには「生食用」が鉄則scissors牡蠣の細菌は加熱すれば、「死滅」するので鍋などは洗浄が少ない分「旨味」も多く残っているので「加熱用」がおすすめです。

早速今夜「加熱用の牡蠣」で鍋でもどうですかsign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ復活・・・体調復活

Dsc04565 暫くブログを休んでしまった。「奥さんの心友」(私もお世話になった方)が突然、他界しお通夜・告別式に静岡のある港町へ行ってきた。心に強く残るものがあり、その後も何度か「夢」にまででてきた。時間が経つにつれ、体調が崩れ何かをする気力がなくなり、右首から右肩、そして右腕まで激痛が走りとうとうダウンしてしまった。あまり病院へ行かない私だが今回はお世話になってしましった。診察結果は知らずのうちに「鬱状態(パニック障害)」になり「極度の緊張による筋肉疾患」だった。77日(49日)が過ぎたころから体調が戻り、今は「鬱」状態も良くなり、これからまたブログを再開しようと思ってます。

次回からは「雑学」などを含め紹介していきたいと思います。またよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2009年1月 »