« じっちゃんの針仕事 | トップページ | 玉止め、しら針仕立てやの恥 ② »

玉止め、しら針、仕立て屋の恥

「下手な長糸(へたなながいと)」という言葉を聞きます。

下手な人は、針に糸を通すのが面倒だから、長く糸を通し結果、からんでばかりでうまく縫えない」

という事からきているそうですが、私のところでは通用いたしません。

「玉止め、しら針仕立て屋の恥」

私の師匠から教わった言葉です。

女性用の着物の身丈は約身長の長さ。

その長さの糸を通して縫います。

腕の良い仕立てやは、ちゃんと長い糸で、糸を絡ませないように縫います。

そこにも、和裁の技術があるのです。

|

« じっちゃんの針仕事 | トップページ | 玉止め、しら針仕立てやの恥 ② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507027/65339667

この記事へのトラックバック一覧です: 玉止め、しら針、仕立て屋の恥:

« じっちゃんの針仕事 | トップページ | 玉止め、しら針仕立てやの恥 ② »