« 2017年5月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年6月

1反の反物との出会い

私が和裁を習おうと思ったきっかけは

お祭りの時に呉服屋さんのワゴンセールの1反の浴衣からでした。

浴衣を買う予定ではなかったので財布には1000円札が2枚だけ。

反物の札は{¥1980-(税込み)}よし、買える!

今年の夏はこの浴衣を着ようと思ってお会計へ

そしたら店員さんに「お仕立て代が¥7500-かかりますけど、お仕立てはどうされますか?」って

お仕立てって???お仕立て代って???

30年前の私はそれすらも知らなかったのです。

でも、どうしても欲しくて反物だけを買いました。

それから、1年後。

たまたま、通りかかった時に見つけた「和裁教室」の看板。

よし、自分で縫ってみよう!

それが和裁の始まりでした。

でも、当時は和裁の需要が多く、先生も仕立てやを育てるのがメインでしたので

趣味で、その浴衣だけ縫ってみようと思った私でしたが

いつの間にか、先生の勧めもあり仕立てやコースに。。。

とにかく、忙しくて自分の着物は全く縫えず、

お祭りの時に出会った反物は独立して5年目にやっと縫えました。

その時は、すでに和裁教室の看板も出していたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年8月 »