恋愛

主人の背中

私は一人で買い物をしたことがない。

こんな事を言うのは恥ずかしいことなのだが・・・coldsweats01                   私の身体を気づかって主人が、買い物は一緒に行くと決めてくれてある。

今日も激安スーパーへ買い物に行ってきた。週に1度か2度のお買い物。節訳家(ケチとはちがう)の私でも、まとめ買いになるため、けっこうな量になる。

どちらかと言えばビジュアル系sign02の主人だが、この時ばかりはカバンを肩にタスキ掛けし、両手にエコバックを持ち、普段は早足なのに、後ろからちょこちょこ付いてくる私に歩調を合わせながら、時々振り向いてくれる。これが、私たちのいつもの買い物風景。

それは、ずいぶん前の事・・・主人と一緒に病院の診察室に入った時のことだった

主人 「発作で苦しむ梅を見ているのが辛いです。そういう時に僕にできることはあ      りませんか?そういう時に僕はどうしたらいいですか?」

主治医 「残念ですが、どうすることもできません。できることがあるとすれば、発作      をおこさないようにしてあげてください。例えば、重い物を持たせないとか       疲れさせない。なるべく、身体を安静に保たせてあげてください」

主人は何とも表現できないような顔をして、静かに 「わかりました」 とだけ言った。その、六文字を口にしてから、主人の私の病気との共存が始まった。

それからの主人の口癖は 「大丈夫か」 「疲れないか」 「少し横になれよ」・・・・・・私も主人に時々、そう思う。。。「大丈夫か」」「疲れないか」」「無理してないか」「少し横になれよ」そして・・・「いつもありがとう」・・・

私が「いつも、ありがとう」と言うと主人は決まってこう言う 「梅が元気なのが一番うれしい」って・・・それは、今でも全く変わらない。

そして、買い物から帰ってきても、主人の家事は続く・・・買ってきた卵を冷蔵庫の卵ケースに一つずつしまう。(必ず、一つは割ってしまうがcoldsweats01)それから、お野菜、パンなどをそれぞれ所定の位置に・・・私も、そのお手伝いをするsweat01

こんな私・・・あなたのお荷物ではないですか?weep

あなたの負担になっていませんか?crying

心の中で、主人の背中にそっと問いかける。

あなたは、振り向いてこう言った「腹減った~飯にしよう」 私「あいよ!」(職人風に)

私の作った料理を美味しそうに食べて「梅は料理の天才だな。もう、梅の手作り以外は食べられないよ」という主人。(もちろん、お世辞なのはわかってる)

その言葉に、私は、あなたのお荷物になっていないと思っていいんですねweep

私は、あなたの負担になっていないと思っていいですねcrying

と、心の中でつぶやいて、主人の背中に飛びついたscissorshappy01scissors

http://www.season44.com/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

再会。 忘れな草をあなたに・・・

今朝、携帯の着信音で目が覚めたpig

爆睡していた私は、一瞬それが何の音か、わからずアラームの音と勘違いするような、そんな時間の出来事だった。

着信ネームは『おばちゃん』sun眠気眼で、私は「おばちゃん、おはよう。お誕生日だったね。おめでとう」と寝ボケながらも起きているフリをして言えた私(すっげーpaper

「そんな事よりも・・・impact」と、オバは彼と過した数日間の話を始めた。

途中、オバの声に混ってアーラムclock のブーブーが聞こえた。それでも、オバは喋り続けた。要約すると

昨日、帰ったこと。

朝4時に起きて、お弁当を作りレンタカーでドライブに行こうとしたら保険証を持ってくるのを忘れて借りれなかったこと。

彼は50年以上前にオバがプレゼントした紺のワイシャツを着て、オバの手作りのハンカチを持って来た事・・・etc・・・

もう、オバが喋り続けて軽く1時間が経過していた。

彼と過した、この数日間がオバにとって、どれたけ幸せの時間だったかということが十分に伝わってくる。

電話を切り、朝の慌ただしい時間を終え、冷静になって考えてみるとconfident

えっsign02  昨日?!土よう日に帰るんじゃなかったの??

えっsign02保険証がないとレンタカー借りれないの???

えっsign0250年前のワイシャツsign02sign02  50年前のハンカチsign02sign02sign02

全てがナゾのままshock

「うん、うん、良かったね。よかったねgawk」と言っていただけの私だったが、オバは、その一つ一つに突っ込んでもらいたかったに違いない!!!

あぁ、もうちょっと、話をちゃんと聞いてあげれば良かったsad

そのハンカチを持って、そのワイシャツを着て鹿児島から来た彼。

その姿を見たオバ。

じんわりと胸が熱くなったconfident

「お互いに歳をとって、頭も薄くなり、シワだらけになったけど、彼の体型は50年前のまんま。優しさも50年前のまんま」と聞いた時、私の目から涙が落ちたweep

駅まで、二人で『忘れな草をあなたに・・・』を歌いながら向かい、そして、言葉もなくお互いに見つめあいながら見送ったと聞いた時、私の涙は止まらなくなっていたcrying

ふっと、一人の生活に戻ったオバが気になったwobbly

でも、元気そうだったから、まぁ、いいっかぁhappy01paper

note別れても 別れても 心の奥にいつまでも いつまでも 憶えておいてほしいから
  幸せ祈る 言葉にかえて忘れな草を あなたに あなたに

 いつの世も いつの世も 別れる人と会う人の 定めは常にあるものを
 ただ泣きぬれて 浜辺に摘んだ忘れな草を あなたにあなたに

 喜びの 喜びの 涙にくれて抱(いだ)き合う 抱き合うその日がいつか来るように
 二人の愛の 思い出そえて忘れな草を あなたにあなたにnote

http://www.season44.com/

| | コメント (6) | トラックバック (0)